k3がおすすめする10ブランドのTシャツをご紹介。
モチベーションをあげるための、
今年の夏を乗りきる逸品を見つけよう。

今季のテーマは"Botanical Marin"相反する"花が咲き乱れる海"という現存しない架空の世界観がイメージソース。
ボーダー、ストライプやセーラーカラーといったマリンを代表するモチーフと花柄が混在するアイテムが登場。

ASHLEY WILLIAMS(アシュリー・ウィリアムズ)はロンドンにベースを置くブランド。
得意とするグラフィックを器用に使い、ポップでカラフルな独特の世界観で人気を集めています。

Mimi Wade(ミミ・ウェイド)はロンドンにベースを置くブリティッシュ/アメリカンデザイナー。
彼女の多くの作品は1950年代のハリウッドからインスパイアされ、ガーリーでキュートな独特のグラフィックで人気を集めます。

SUPER YAYA (スーパーヤヤ)は、アフリカのコートジボワールに拠点を置くブランド。
現代らしいストリート色とアフリカンなテイストをミックスし、独特な世界観を醸し出す注目若手ブランドです。

18SSはデザイナー自身がファンである、上村一夫氏とのコラボレーションが実現。
また5回目のコラボレーションとなる“RUSSELL”ではスポーティー×ロマンティックのミックス感が新しいコレクションとなっている。

1977年イタリアのリミニ生まれのデザイナー マッシモ・ジョルジェッティが2009年にスタートしたブランド。
現代アートやインディーズ・ミュージックのようなコンテンポラリーなものと絶えず新しいものを織り交ぜ提供し続けています。

PRESSUREのファウンダーはファッションにおけるデジタルデザインの分野に特化しパリを中心に活躍しており、
2017年に自身初となるウエアのコレクションをスタート。
ウエアのコレクションはあくまで、デジタルデザインの表現の一部となるため、限られた店舗のみの展開となっています。
ルーツであるギリシャの背景を反映させたカウンターカルチャーを表現しています。

Carne Bollente (カルネボレンテ)はパリに拠点を置くアーティスト集団によって設立されたファッション及び出版ブランド。
セックスロゴが大胆に刺繍されたTシャツが話題を生み、
インスタグラムを中心に世界中のCool Kidsの中で話題となっている大注目ブランドです。

2004年、当時高騰し続けるデニム業界に一石を投じる”低価格”をコンセプトにスウェーデンにて立ち上げ。
2018年には9割の商品がオーガニックコットン、リサイクル素材、そして持続可能とされる原料が使用されており、
より持続可能なデニム製造過程と環境にやさしい材料に焦点を当て、次のステップへ踏み出しています。

Eckhaus Latta (エコーズラッタ)はRhode Island School of Designの卒業生Mike EckhausとZoe Lattaによって
2011年に設立されたファッションブランド。
独特の色彩や素材感が魅力のモダンでスタイリッシュなアイテムを発表しています。

PAGE TOP

ONLINE STORE