CHEAP MONDAYはもっとも重要な企業方針の一つとして、Sustainabilityを推進しています。

サステナビリティ( Sustainability)とは、広く環境・社会・経済の3つの観点からこの世の中を持続可能にしていくという考え方のことを言います。
また、Sustainableとは総体的な表現となり、持続可能とされる原料を使用した商品をSustainable Productsと呼びます。
その中でも特に、企業が事業活動を通じて環境・社会・経済に与える影響を考慮し、長期的な企業戦略を立てていく取組は、コーポレート・サステナビリティ(Corporate Sustainability)と呼ばれています。
CHEAP MONDAYは、AW2018年までにすべての商品にオーガニックコットン、リサイクル素材、そして持続可能とされる原料が使用される予定です。
また製造工程においても使用エネルギーの削減など、企業コンプライアンスを超えて持続可能な世界を目指しています。

  • オーガニックコットン: 農薬、化学性の肥料を使用せず、栽培されたコットンであり、非遺伝子組換えである。オーガニックのコットンは農薬などの化学薬品を使用したものに比べ、栽培に必要となる水量が少なく、また土壌にも優しい。FW17コレクションでは、全てのデニムアイテムに加えて、一部のwomens, mensコレクションにも使用されています。

  • Tencel::テンセル®は、ユーカリを原料に、化学処理で化学変化を起こし製造されたものです。化学繊維と聞くとエシカルでないような印象を受けますが、石油などで作る合成繊維とは異なるため、天然繊維に近い化学繊維として捉えられています。水・化学薬品・エネルギーの使用量がオーガニックコットンなどの他の繊維よりも低く、また丈夫で長持ちするエシの使用量がオーガニックコットンなどの他の繊維よりも低く、また丈夫で長持ちするエシカルな素材です。この素材は一部のwomens collctionに使用されています。

  • Cheap Mondayでは、リサイクルされたコットン、ポリエステル、ウールが原料として使用されています。

  • 廃棄されたデニムを回収してオーガニックコットンと混合させ繊維に戻し、新しい衣服に生まれ変わります。

Sustainabilityは私たちにとって非常に重要です。私たちはコレクションの中で、より持続可能なデニム製造過程と環境にやさしい材料に焦点を当て、次のステップへ踏み出しています。

PAGE TOP

ONLINE STORE